東山出版(オウム真理教/アレフ関連)

松永英明
松永 英明(まつなが ひであき、1969年 - )は、日本のライター、文士、事物起源探究家。
『絵文録ことのは』を初めとする一連のブログ群の日本のブロガー。
京都大学文学部(言語学専攻)中退、放送大学教養学部卒業。

2003年から、松永英明のペンネームで、ライターとしての活動と共にブログを運営。
1996年から2000年までの間は河上イチローのペンネームでウェブサイトを運営し、
ライターとしての活動もあった。

概要
京都大学文学部在学中にノベルズ編集者と知り合い、
書いた小説をその編集者に見せていたという。
本人はそのうち小説を出版できるのではないかとする手応えを感じていたが、
オウム真理教に入信し、出家する道を選んだことから
ノベルズ編集者と連絡を取ることはなくなり、小説を出版することはなかった。
(佐々木俊尚の取材に対して本人が語ったところによる)

松本・地下鉄サリン事件のときには、オウム第一上九・第5サティアンにいて
「郵政省出版」に属し、新雑誌「ヴァジラヤーナ・サッチャ」の創刊の準備をしていた。

オウム真理教を一時脱会した1996年以降、河上イチローのペンネームで、
自前コンテンツと電子掲示板から構成される破防法問題、通信傍受法案、
軍事・諜報関連やネットの規制問題やマスメディア批判をはじめとして
幅広いジャンルの話題を扱ったサイト『Der Angriff』(デア・アングリフにちなむ)を
開設した。
Nシステムについてのウェブページが朝日新聞の社会面で取り上げられ、
「紀宮清子内親王殿下の御座所」のページが週刊誌等で報道されるほどの知名度を元にして、
当時の個人サイトを中心としたネット文化の魅力を紹介する書籍を著した。

オウム真理教が名称変更したアレフへ2000年に復帰して以降、
河上イチローとしての活動を終息させた。アーレフへ復帰後は、
教団公認の個人サイト「半跏思惟」を開設すると共に、
教団関連会社である東山出版の代表取締役社長も務めた。



〔会社法人登記簿抜粋〕
会社法人等番号:0100-02-008366
商号:有限会社東山出版
本店:(東京都千代田区外神田二丁目3番2号)

目的(平成13年9月3日変更後)
1 書籍、雑誌、新聞の編集、出版、販売及び輸出入
2 製版業
3 印刷及び製本業
4 商業デザイン業及び工業デザイン業
5 雑誌、広告用のイラストの制作
6 広告代理店業
7 通信販売業
8 書店の経営
9 前各号に附帯する一切の業務

出資1口の金額:金5万円
資本の総額:金800万円

◇役員事項抜粋◇
取締役:福井利器

取締役:福井利器 平成13年9月就任~
代表取締役:金子和憲 平成4年4月17日就任~平成13年8月1日辞任
取締役:小川敏男 土手高幸 平成4年4月就任~平成13年8月3日辞任
取締役:小沼輝樹 平成13年8月1日就任~平成13年9月3日辞任

※福井利器=松永英明

◇本店移転◇
東京都千代田区外神田2-3-2
東京都世田谷区南烏山6-33-14-2F(平成13年9月12日~)

◇商号変更◇
有限会社栄立工業
有限会社東山出版(平成13年9月3日~)
〔関連建物オフィス等〕
東京都文京区根津1-16-9-1005・株式会社なあぷる(代表:福井利器)

〔関連リンク〕
有限会社東山出版(webアーカイブ)
世田谷アングラゾーン「千歳烏山」(4)南烏山オウム拠点(東京DEEP案内)
http://tokyodeep.info/chitose-karasuyama-4/


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439295652

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック