噂の眞相

噂の眞相(wiki抜粋)

噂の眞相(うわさのしんそう)は、株式会社噂の真相が発行していた雑誌である。
反政治権力・反権威スキャンダリズムを標榜していた。
略称は「噂真」(うわしん)、「ウワシン」。

1979年3月に編集発行人岡留安則によって創刊された月刊誌。毎月10日発売。
誌名は敗戦直後の暴露雑誌『眞相』(人民社)と、梶山季之の個人誌『噂』に由来する。
発行は株式会社噂の真相。社名は「株式会社噂の真相」が正しい
(真であり眞ではない。「噂」はつくりが上から「八酉寸」となる印刷標準字体である)。
本社及び編集部は東京都新宿区に置かれた。

月刊総合雑誌の部数では『文藝春秋』に次ぐ規模を誇っていた。
休刊時の公称部数は20万部(実売12万部)。

表紙のデザインも独特のもので、書店での陳列の便を考慮して通常は表紙の最上部に配される誌名ロゴが、
表紙の中央部に見出しとともに配されるものであった。
また、本誌と並行して数年に一度くらいの頻度で、様々なテーマに沿った別冊も刊行されていた。

皇室、政治経済から芸能界ゴシップ報道まで、名目上「タブーなき雑誌」を標榜した
(ただし、雑誌の流通を支配する取次及び主要な販売拠点であったコンビニエンスストアへの批判記事は皆無だった)。
古くからジャニーズ事務所のジャニー喜多川のホモセクハラ疑惑を記事化していたが、
ジャニーズ事務所から「『噂の真相』は存在しないものとする」と黙殺されたため、抗議や訴訟沙汰は一切無かった。
検察の不正追及も多かった。文壇のスキャンダル記事も多く、『週刊文春』『週刊新潮』など、
作家への遠慮で記事化しづらい出版社系雑誌を尻目に、名物記事の一つになっていた。
1994年には、作家の和久峻三に刑事告訴されている。

2000年6月に編集部を右翼団体「日本青年社」の「三多摩本部隊長・副隊長」に襲撃され、
編集長の岡留と編集スタッフが負傷した。
この時撮影された編集部内の写真と監視カメラの映像が、公式ホームページで公表されている。

もともと2000年に休刊予定だったが、名誉毀損等による裁判費用捻出や記事での反論のため延期。
訴訟の多くが確定したため、2004年4月号をもって休刊
休刊時には、編集発行人は「黒字経営」だと同誌その他で公称していた。

同誌が掲載した「一行情報」は、単行本化され出版されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%99%82%E3%81%AE%E7%9C%9E%E7%9B%B8


〔会社法人登記簿抜粋〕
商号:株式会社噂の真相
本店:沖縄県那覇市おもろまち二丁目1番18-1102号
会社成立の年月日:昭和53年12月19日
会社法人等番号(最新):0109-01-022540

目的
1.出版物発行及び企画、編集に付帯する業務。
2.放送業務に関する企画、制作に付帯する業務。
3.各種イヴェント企画、構成及び開催。
4.広告代理業及びそれに付帯する業務。
5.その他上記に付帯する一切の業務。

発行可能株式総数:2万4000株
発行済株式の総数:2万株
資本金の額:金1000万円

◆役員事項抜粋等◆
代表取締役:岡留安則
取締役:岡留安則 川端幹人 足立倫行
監査役:三坂幸雄 (小林光俊)

監査役:小林光俊 (H6.1重任)~H18.1辞任
監査役:三坂幸雄 H18.1就任~

◆登記記録関連事項◆
平成25年11月10日東京都世田谷区南烏山三丁目19番8号から本店移転

◆本店移転歴◆
東京都新宿区新宿5-11-18(メゾン小野)(~H7.5)

東京都新宿区新宿3-9-5ゴールドビル6F(H7.5~H16.4)

東京都新宿区新宿5-15-6新宿光陽ビル1004(H16.4~H20.3)

東京都世田谷区南烏山3-19-8(アーバンヒルズ芦花公園)(H20.3~H25.11)

沖縄県那覇市おもろまち2-1-18 D'クラディア新都心ビューウェイブ1102(H25.11~)

〔関連・参考リンク〕
ポスト噂の真相
岡留安則
川端幹人(株式会社ロストニュース・顧問)
足立倫行

〔関連・参考Web記事〕
『噂の真相』25年戦記』〈噂と真は旧字〉(岡留安則、集英社新書)
元女性編集者が明かす「噂の真相」の真相 著書で過酷な日々を暴露(zakzak)
「噂の真相」(一行情報)

〔関連建物オフィス等(リンク)〕
東京都渋谷区道玄坂1-19-2スプラインビル3F・株式会社ロストニュース(神林広恵/代表取締役・川端幹人/顧問)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416184063

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック